スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
液肥掛ける
今年も菜種粕と魚粕を半年くらい水中で発酵させ それを薄めて茶園に掛ける。
固体の肥料を施すよりも吸収も早く、人間様が作った化学肥料よりも
はるかに美味しいお茶を約束してくれる。
耐え難いにおいと格闘しながら、2日掛けて散布する。
この畑で、全国茶の品評会出品茶と当園自慢の(力作)を収穫する。
そのためには、冬の管理が大事である。

写真00033
写真00008
スポンサーサイト
[2013/12/25 17:33] | 農園について | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<餅ツキ | ホーム | 冬の賑わい>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mkawane.blog25.fc2.com/tb.php/269-66021c18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。